シロアリで悩まない撃退方法【本当に信頼出来る業者選びのコツ】

女性作業員

シロアリの侵入を防ぐ

住宅

日本で確認出来るシロアリは大きく分けて二つの種類があります。ヤマトシロアリは日本全国で確認されている害虫です。約2、3万匹の群れで巣を作ることが多く、住宅に侵入することも考えられる存在です。イエシロアリは日本の南部を中心に生息する害虫で、東日本にはあまり存在が確認されていません。一見するとヤマトシロアリを脅威だと感じるものですが、一般的にシロアリと呼ばれているのはイエシロアリです。ヤマトシロアリに比べると生息地が限定されているのですが、100万匹で群れを作ることが多くその被害も深刻になります。個体数がとても多いので繁殖スピードと同じように家屋が侵食されるのも速く、被害状況はどんどん悪化していきます。シロアリの存在が確認出来た時点で業者に連絡して駆除を行なってもらいましょう。家屋の古さには関係なく、侵入経路さえあればシロアリはどこにでも侵入します。

シロアリの侵入を予防することは難しいと考える人は少なくありません。僅かな隙間から侵入してしまうほど小さなシロアリは、薬剤で予防するのが最適だと言えるでしょう。最近注目されているのが外壁の塗料の中に防虫効果のある成分を混ぜるというものです。人体への影響がない薬剤でしっかりとシロアリの侵入を防ぐことが出来ます。時間が経過すれば塗り直しが必要になりますが、家屋倒壊で被る損害を考えると必要な出費だと考えられるでしょう。シロアリ駆除の業者では予防策の相談も可能なので、大切な住宅を守りたいという場合には専門スタッフに対応してもらうことが大切です。